海外でも日本の本を読みたい駐妻が、安く楽に読書を楽しめる方法(紙の書籍編)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


皆さんこんにちは。

日本を離れてしばらくすると

「日本語の本とか雑誌が読みたいなあ・・・」

と思うときが必ずやってきます。

日本にいるときは定期購読していたり、それでなくても本屋さんが近くにあって困ることはありません。

あるいはコンビニで立ち読みしたりもしますよね。

海外に来ると、そういった生活とまったく無縁になります。

特に、英国は日本の書籍については品揃えがイマイチ・・・。

一部の国や大都市だとだと違うみたいですね。

ニューヨークとかどうなんでしょうか?

あとシンガポールに大きい紀伊国屋書店があると聞いたことがあります。

そういった(私からすると)恵まれた地域の方は、本を手に入れるという意味ではそれほど苦労がないかもですね。

それでも、間違いなくお値段は日本で買うより相当高いはず。

英国でも日本の1.5倍から2倍くらいはします。

にも関わらず、子どもはマンガ読みたいと騒ぐし、自分も雑誌は欲しい・・・。

こんなところでお金を使ってたら、そりゃ貯まるものも貯まりませんわ。はあ。

そこで、今日は日本の本を読みたい駐妻の皆さん、

あるいはきっと将来同じ思いをするであろう駐妻候補生の皆さんに、

「海外で日本の本をできるだけ安く、楽に入手する方法」

をお届けしたいと思います!

※最近は電子書籍という手もありますので、それについても別途書きますね。

海外で紙の本を安く、楽に手に入れる方法は?

古本ならまずは手堅くamazonで買いましょう

のっけから何の変哲もなくてすみません笑。

けど、あんまり急いでいなくてかつ読みたい本がドンピシャであるのならコレが一番安くつきます。

手数料はこちら。

参考 https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201910850

けっこう取られますので、何冊かまとめて頼むのが基本ですね。

あるいは、超地味ですが実家に送ってもらってそこから送りなおしてもらうのもアリ。

Amazonプライムに入会しておけば、実家への送料は無料になるので、まあ少なくとも自分自身の負担はなくなります。

(さすがに気が引ける、という方はコチラでも紹介している「ポチッとギフト」でもたまに送れば許してもらえるかなと笑)

新品の本が読みたい駐妻に断然オススメのサービスはコレ!

餅は餅屋、本は本屋です

そうは言っても本は新品じゃないとダメ、っていう人も結構多いのではないでしょうか。

私もそうです。今みなさんどうされてますか?

もちろん古本同様、Amazonでもいっぱい本は売っています。

また、日本食送付サービスをやっている会社の中には書籍も送ってくれるところもありますので、ご自身や旦那さんの会社がそこと提携しているのならそっちが楽かもしれませんね。

ただ、安く手に入れるという点においては、私は絶対こちらをおススメします。

はっきり言って他のサービスを見るまでもないくらい。



hontoをおススメする理由

何がスゴイのかというと、まず発送にかかる手数料が無料ということ。

普通、梱包手数料なんかの名目で1回につき1,000円とか1,500円くらいかかるのですが、hontoはホントに(すいません)無料。

かかるのは純粋に本のお値段プラス送料のみです。

この送料ですが、配送方法がいくつかあります。

急いでいないならSAL便が安い割にそこそこ早く着きます。

ホントに早く欲しいときはEMSがいいですよ!

これだけでもかなりお財布にやさしいのですが、さらにすごいことが。

hontoで本を頼むと、何と消費税がかかりません。
この時点で、本だけで見たら日本で買うより安くなるんです!
(逆にいうと、他の書店はしれっと税金も我々にチャージしているってこと??)

これから消費税は上がりこそすれ下がることはないでしょうから、本当にありがたいです。

まだありますよ。

Hontoにはポイント制度があって、これは国内・国外問わず適用されます。

通常、店舗で買うと200円につき1ポイントなのですが、通販は優遇されていて100円につき1ポイントです。

海外なのにですよ?

しかも梱包手数料無料なのに。ホントありがとう(涙)。

イヤ、でも品ぞろえがよくないんじゃない?と思った方。ご安心ください。

Hontoは丸善、ジュンク堂、文教堂といった大型書店と連携しているので、

これら3書店から一気に読みたい本が頼めるのです。

なのでAmazonにもまったくひけをとりません。
本に特化したサービスですから、そうじゃないと困りますもんね。

このHontoのサービスを使うには会員登録が必要ですが、海外からでも全然大丈夫。

登録はこちらからです。もちろん無料。どこまで親切なんだ・・・笑

なお登録すると自動的にクーポンが送られてくるので、それも使うと更にオトク。

海外からhontoを頼むときの使い方

早速hontoを使って本を注文したい!という方は、一点だけ補足です。

最初の登録時には日本の住所(実家など)で登録をします。

ただこれだと日本に行っちゃうので、発送先住所は必ず海外の住所を指定しましょう。

やり方は簡単で、登録後マイページから「アドレス帳」に追加するだけ。

写真も載せておきますね。

まず、登録後この「アカウント」の画面に行きます。
(ログインした後、画面の右上にあるマイメニューの中に「アカウント」という項目があるのでそれをクリック)


こちらの画面にたどり着くので、海外住所を追加。終わったら最後に「通常使うアドレス帳に設定する」というところをクリックしてください。

ものの30秒で登録できますよ!

書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】

まとめ

海外で日本の本や雑誌を手に入れるのはタイヘン。
中古ならAmazonで十分。家族の協力も大事笑
新品なら断然、hontoがオススメ!
ランキング参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告