駐妻になるなら、今のうちに日本のAmazonプライムと仲良くしておいたほうがいい理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

皆さんこんにちは。

海外赴任の準備をしていると、いろんなものを調達しないといけなくなります。

出発が近づいてきて忙しいときに頼りになるのは、やっぱりAmazonですよね。

特に、プライム会員になると、年間3,900円でいろいろなメリットがあり、出発前は大変お世話になりました。

ここまで便利なのも、やっぱり日本だからだよねえ、なんて思ってしまいますね。

でも実は、日本のAmazonプライムは駐妻になってからも活躍するって知ってました?

そもそもAmazonプライムとは?

すでにお使いの方も多いとは思いますが、さらっとAmazonプライムとは何ぞや?という話と、そのメリットを挙げてみましょう。

まず、簡単に言うとAmazonプライムは3,900円の年会費を払うと、各種サービスを全部無料で使える会員制のプログラムです。

対象になるサービスの中で、主なものをいくつか挙げてみます。
(1)無料の配送特典
対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料で利用できる。アプリを遣えば「プライムナウ」という1時間以内のお届けサービスも。

(2)プライム・ビデオ
映画やTV番組が追加料金なしで見放題。

(3)プライムミュージック
100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことができる。

(4)プライム・フォト
Amazon Driveに写真を容量無制限で保存できる。

(5)Amazonパントリー
食品・日用品などの低価格の商品を1点から買える。

(6)プライム会員限定先行タイムセール
タイムセールの商品を、通常より30分早く注文できる。

(7)Kindleオーナーライブラリーの利用
対象タイトルの中からお好きな本を1か月に1冊、無料で読むことができる。


この他にも、ベビー用おむつとおしりふきの15%割引なんかもあります。

これは物心つく前からAmazonなしではいられない体にしようという陰謀ではと思うのですが、考えすぎでしょうか笑

出発が近づいてきた駐妻にとっては、特にプライムナウなんてもうありがたいことこの上ないわけです。

もはやどっちかっていうと店が自分のところに来てくれているイメージですよね。

そこまでしなくても、お急ぎ便とか時間指定も使い放題なのも助かります。

出たり入ったり忙しいですからね。

もうひとつ日本にいるときから特にすごいと思っていたのがプライムビデオです。

ドラマとか映画とかがいつでもどこでも見放題なんです。
年会費が年3,900円ですから、月に直すと325円ですよね。レンタルDVDを0泊で借りたって400円くらいしますよね。
それを考えるととんでもなくオトクなわけです。

それだけではなく、プライムビデオの映画などは自分のPCやタブレットに保存が可能。
なので、飛行機の中で「見たい映画がない!」という悲劇も避けることができます。

加えて、プライムミュージックは聞き放題かつこちらの趣味に合わせて音楽を選んでくれるし、プライムフォトはクラウド上に容量無制限で写真を置いておけるし・・・ということで、普段の生活でも大活躍。

もしまだ使っていない人がいたら、最初の30日は無料なのですぐ登録しておくことをおススメします。
サイト Amazonプライム

Amazonプライムをわざわざ海外に行ってまで続ける理由って何なの?

このように、Amazonプライムは駐妻と非常に相性がいいわけですが、冷静に考えると

「でも、海外でAmazonプライム会員になったら一緒じゃん」

と思ったりもします。
私もそう思ったのですが、海外でのプライム会員にはこんな落とし穴が。

・高い

英国の例でいうと、日本の年間3,900円に対し、年間で79ポンド。2017.5月のレートで11,000円以上します。
これだとちょっとねえ・・。まあ、サービス内容から言ったらこのくらいのお値段でもいいのかもしれませんが、そうなると日本も値上げされちゃうんじゃない?と怖れています。

・全部英語(あるいは現地の言葉)

そりゃそうだ、って話なのですが。私としては英語である時点でストレス倍増。

日本語なら一瞬でわかる操作も難儀します。
ちなみに、私が知る限りビデオの字幕もないです。はい、無理。。。

・デリバリーの信頼度

国にもよるかもしれませんが、同じ指定でも、ヤマトさんのようにきちんときめ細かく対応してくれるかというと、そうとも限らないです。せっかくの時間指定もこれだと台無し。期待してただけに余計腹立ちますもんね。

ということで、どうも現地のプライム会員になりたいかと言われると踏ん切りつかないんですよね。

逆に、日本の会員を続けることのメリットは何なのかというと、主に以下の2つです。

・一時帰国の時に便利

一時帰国された経験のある方はご納得いただけるのではと思いますが、まあとにかくスケジュールがギッチギチになりがち。

せっかく日本にいるからにはやりたいこと、会いたい人、行きたいところなどが満載です。

一方で、消耗品とかで買いたいものもいっぱいあるのですが、それらをわざわざ時間かけて買いにいくのであればいっそまとめてプライムナウ攻撃しちゃったほうが効率的なのです。

・日本語、字幕つきでビデオが見られる

上記の逆で、やはり日本のドラマやら映画も見たいし、日本で話題になっているものはフォローしておきたいなあと思うのも人情。

そうなるとここは外せないわけです。

Amazonプライムでなくて、海外だとインターネットテレビ等を使っている家庭も多いです。

うちもそうなのですが、ちょっと外に出て時間が空いたときなんかはPCに落としておいた番組をオフラインで見られるので、状況に応じて使い分けてます。

ただし、2つ目については要注意。

実は、海外ではそのままプライムビデオを見ようとするとブロックされてしまうのです

どうも著作権の問題らしいのですが、駐妻からすればいい迷惑以外の何物でもありません。

幸い、今ではこれを解決する方法があるのでご心配なく!

用意するのはVPNというものです。何じゃそりゃ?ですよね。

簡単にいうと、
「ホントは日本にいないんだけど、日本からアクセスしているのと同じことにしてくれる装置」
です。簡単すぎだな。

まあ駐妻がそこまで深く立ち入る話でもないので笑、そのくらいの理解で十分かと思います。
(気になる方はこちら⇒https://ja.wikipedia.org/wiki/Virtual_Private_Network

特に機械などもいらず、サービスを提供してくれるサイトにアクセスするだけです。

いろいろ種類はありますが、一番わかりやすいと思うのはこちらのセカイVPNです。
ちょっとお金がかかるのが難点なのですが、最初の2か月は無料です。

これを通すだけで、日本にいたときと全く変わらずドラマや映画が見れちゃいます。もちろんダウンロードもOK。

法律上大丈夫なの?と思うかもしれませんが、そもそもAmazonがVPNについてのQ&Aをサイトに載せてるくらいですから、そこは気にしなくても問題なし。

その他、上で紹介したプライムフォトやプライムミュージックはそのまま使えますので、これでほぼ日本と変わらず、充実した(?)Amazonライフを送ることができますよ!

まとめ

・Amazonプライムには、日本にいるうちから申し込んでおくと便利。
・海外のプライム会員もいいが、慣れが必要。
・スグレモノのプライムビデオを海外で使うには、VPNの助けが必要。
ランキング参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告