オンライン英会話”Mainichi Eikaiwa”の無料レッスンを受けてみたよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2


皆さんこんにちは。

相変わらず英語のできない駐妻のやまりんです笑

最近バタバタしていて、ろくすっぽ英語の練習ができておりませんでした。

が、最近そんな怠惰な私を震撼させるニュースが!

実は、英国でのビザについては延長申請をするときには一定の英語レベルが求められるのですが、それが引き上げられるんだそうです。

具体的に言うと、CEFRというEUで定められている英語レベルのうち、今までは最低のA1(英検3級程度)でよかったのが、一つ上のA2(英検準2級くらい)を求められるんです!
出典 UK Visas ⇒http://www.ukvs.jp/news.php#223

え、何Σ(゚Д゚)?

ってことは、私、5年たったら国外追放?

( ;∀;)オセワニナリマシタ…

・・・ということで、久しぶりにちゃんと英語をやろうと思い立ったのでした。

気分を変えて、違うところを探してみました

前やっていたDMM英会話のクレジットも切れていたので、ちょっと違うところにしてみるか・・・と思い見つけてきたのがこちらの

”Mainichi Eikaiwa”

です。

オンライン英会話に特化している学校で、日常英会話から試験対策まで一通りのことをやってくれます。

ビザの更新に必要な英語資格は実は2つしかないのですが、そのうちのひとつであるIELTSの対策もやってくれているそうで、それならば助かる!ということで早速無料体験を申し込むことにしました。

オンライン英会話をやったことがない方もいらっしゃると思うので、ここでさらっと実際の流れも追いつつレビューしていきたいと思います。

オンライン英会話Mainichi Eikaiwa無料体験の流れ

(1)無料体験申し込み

まず、無料体験のページからメールで申し込みをします。

オンラインなので、Skypeが必須。

もし持ってない人は事前にダウンロードしておきましょう。

ありがたかったのは、自分のレベルと学習目標、あと特にどこを鍛えたいかを事前にリクエストできることです。

試験対策と思ってはいたのですが、そもそもそのレベルに達してるのか?と弱気になった私は「全スキルを鍛えたいです」にしちゃいましたが・・・。

(2)無料体験の日時決定

しばらくすると、Mainichi Eikaiwaのほうから日程と担当する講師の方の案内がきます。

講師の方は日本にいるそうで、日本時間ではちょっと遅めのスタート(こっちのお昼だったので、日本だと20時)だったのですが快諾いただきました。

第三希望まで指定できるので楽でいいですね。

ちなみに、無料体験は25分間です。

※通学型のスクールに行ったことがある方からすると、ちょっと短いと感じるかもしれませんが、オンラインでは標準的です。

(3)いざ、レッスン開始

そして、レッスン当日。事前に講師の方からSkype IDの登録申請がきます。

向こうからかけていただけるので安心ですね。

今回の講師の方は現在大阪にお住まいのアメリカ人でした。

はじめに1,2分ほど、Mainichi Eikawaのシステムについて講師の方からも説明をいただきました。

で、今回は体験なので、25分間 Casual Conversationということで、自己紹介から始まって今の暮らしはどう?とか、日本にいるときは何をしてたの?といった日常的な話に終始しました。

買い物とかを除いては最近ほぼ100%日本人としか話してなかったので、まあ英語が出てこないこと・・・。

けど、さすがそこはプロの講師ですね。

私の超たどたどしい英語をちゃんと最後まで聞いてくれて、話題が途切れないよう間にちょこちょこと質問を挟んでくれました。

なので、何となくこっちも「あ、話せてるかも・・」という気がしてきます。

脂汗をかきながらのレッスンではありましたが、終わってみればあっという間の25分間でした!

Mainichi Eikaiwaのメリットとデメリット

さて、ここまでが無料体験の簡単な流れでしたが、メリットとデメリットを整理してみます。


・メリット(ここがよかった、と思う点)
 

1.ネイティブ講師で質が高い

講師の方は基本的にアメリカ、イギリス、オーストラリアなどのいわゆる「英語圏」のネイティブスピーカーがほとんど。
ここは諸説ありますが、私個人的にはやっぱりネイティブの人たちのほうが発音も分かりやすいですね。
初心者であればあるほどそうなのではないかという気がします。
その点では大変分かりやすくて助かりました。

2.レッスン内容のオーダーメイドがしやすい

今回は無料体験なので日常英会話だけでしたが、内容についてもかなりフレキシブルに対応してもらえるそうです。
例えば、ビジネスでのプレゼンがあるならその練習もできるし、料理のことについて集中的に話したければそれでもいいとのこと。
社会人経験のある講師の方が多いので、そういう現実に即したレッスンもしてもらえるのだそうです。

3.レッスン回数と有効期間のバランスがいい

他の英会話スクールですと、月謝制で「毎日○レッスン入れられます!」という謳い文句のところが結構多いのですが、実際問題結構余ってちょっともったいなかったりします。
人間、やはりやる気に波があるので、ここぞ!というときに複数入れたり、ちょっとなあ・・・というときはお休みしたりしたいですよね。
Mainichi Eikaiwaはいろいろプランがあるのですが、一番長いプランだと有効期間1年で180レッスン入れられる(1レッスン25分)ので、のんびり屋の私には向いてました。


・デメリット(ここを改善してほしいな、という点)
 

1.Skypeの事前音声チェック

DMMの場合だと、事前に音が出るかどうかをチェックしてくれるサービスがあるので、Skypeをかけたはいいけどつながらない・・・というトラブルは未然に防げます。
Mainichi Eikaiwaも事前にちょこっと確認してもらえると、そういう不安がなくていいかなと思いました。

2.勉強用の教材のサンプル提示

特に私のような超初心者にありがちなのですが、そもそもの単語、文法力が足りておらず、会話を成立させることすら難儀するようなことがままあります。
そうなるとどうしてもアウトプットだけではなくて、インプットもある程度しておかないとまずいかなと。
Mainichi Eikaiwaでも教材はあるそうですが、どれくらい体系だったものなのか、サンプルだけでもHP上に載せておいてもらえるとイメージがわいていいなあ。

3.レッスン終了後に、簡単なフィードバックがほしい

超初心者の私は、会話するのでいっぱいいっぱいで、授業中にあんまりメモが取れません。
しかも、そのメモもちゃんと聞き取れているか不安で、合ってる確証が全く持てず・・・。
なので、復習のために講師の方からちょっとしたフィードバックをメールとかSkypeメッセージでもらえると嬉しいなと思いました。
もしかしたら、有料プランにはそれがあるのかもですが。



ということで、個人的な感覚としては、

超初心者を一歩脱したレベルから上の方であれば、十分使いこなせるのではないか

と思います。

オンライン英会話を試したことのない人を含め、みなさんのご参考になれば幸いです!

追伸:ビザについて

上記のビザ更新資格問題の衝撃冷めやらぬまま、うちは果たして5年を超えて英国に滞在することになるのか旦那に訊いたところ、

「いや、ないな」

と一言・・・。

先に言ってよー、と思いつつ、何があるかもわからない世の中ですので、がんばって勉強しまーす(-_-;)

ランキング参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告