海外にいても働く!お金のない駐妻がちょこちょこ仕事して貯金を増やす方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


皆さんこんにちは。

前に お金の記事でも書きましたが、海外赴任して何年かすると家が建つほどお金が貯まると言われた時代がありました。

今もそういう幸せな方もいらっしゃるのかも知れませんが、支出も多くて「思ったほどお金が貯まらない・・・」と感じている駐妻の方も多いのではないでしょうか。

家が建つどころか、住宅ローンの支払いすらままならん!という声さえ聞こえてきます。

そんな時にできるのは、稼ぎを増やすことと支出を減らすこと。海外赴任しても、家計簿とにらめっこする日々は続くのです。

そこで今回は、だれにでも簡単にできる、

「海外にいながらにして稼ぎを増やす方法」をお伝えします。

是非お試しを!

駐妻になって、海外でバイトします?

さて、駐妻がお金を稼ぐと言っても、海外だとそう簡単にはいかないもの。

例えば、どこかでアルバイトをしたいと思っても、そもそもビザの制約上働けないケースも多いですよね。

仮に働けたとしても、言葉に不安があったり、そこをクリアできても、他の駐妻さんたちに働いている姿を見られたリするのも何とも切ない。

別に放っておいてくれればいいんですけど、あれこれ詮索されたくもないですしね。

それに、子どもの送り迎えもあったりすると、働ける時間も限られます。

となると、できることは必然的に限られてきてしまいます。

クラウドソーシングの在宅ワークなら世界中どこでもできる

このように、家計の足しに何かしたいけど、様々な制約のある駐妻の皆様にうってつけなのが、

「クラウドソーシング」

です。

この「クラウドソーシング」、簡単にいうとWeb上で様々な仕事を請け負うというもの。

内容は記事の執筆から翻訳といったものから、企業などのロゴのデザインやプログラミングまで多岐に亘ります。

パソコンさえあれば、いつでもどこでも仕事を請け負うことが可能。

制約の多い駐妻にはうってつけなのです!

特に、これまでお仕事をされていた方にはよいのではないでしょうか。

ついこの間までの経験を活かして、駐妻になってからも働くことができます。

クラウドソーシングって、どれくらい稼げるの?

私はあまりコレといったスキルがないのですが、(ブログをやっているくらいなので)文章を書くのは好きです。

なので、主に記事執筆の仕事をちょこちょことやっています。

相場で言うと、400-500字の記事を一本書いて50円から100円といったところ。

安い!と思われるかもしれませんが、1時間みっちりやるとまあ500円くらいにはなるでしょうか。

よくよく考えると、通常のバイトだったら行き帰りの時間も拘束されるわけで、それを考えたらまあありかな、っていうレベルです。

スキルのある駐妻の皆様はもうちょっと単価の高い翻訳のお仕事などをされると、そこそこの収入にはなりますよ。

英語から日本語の翻訳だと、英単語1つあたり10円くらいになるみたい。記事執筆とえらい違いです(泣)。

当然それなりの英語力を求められますが、自信のある方はぜひチャレンジしてみてください!

実は駐妻はクラウドソーシングとの相性がいい

海外にいる私たち駐妻は、実はこのクラウドソーシングにとっても向いています。

なぜかというと、まずは時差

案件は常に新しいものがどんどんとアップされてきます。

いい案件は早い者勝ちなのですが、私たちは時差を逆手にとって日本にいる人たちよりも先に案件を発見できることも。

また、記事作成であれば海外経験者ならではのものの見方や意見を反映することもできますね。

そういうオリジナリティを、説得力を持って書けるので記事のクオリティも当然他の人より上がってきます。

ただ、何といっても最大のメリットは

仮に横異動が発生したとしても、途切れることなく仕事が続けられるということでしょう。

他の仕事だとこうは行かないですもんねー。

では、どういうクラウドソーシング会社を選べばいいのか?

最近クラウドソーシングは一大市場となっているようで、案件を紹介してくれる会社もたくさんあります。

ただやはり、ここは大手の会社にするのがベスト。おススメは最大手のランサーズです。

案件は150万件以上もあるので、必ず我々駐妻のスキルが活かせる仕事に出会えるはず。

登録も無料なので、まずは登録だけしておいて、どんな仕事があるのか見てみるだけでもいいと思います。手続きもあっという間に終わりますし。


ランサーズ

おまけと注意事項

私も実はランサーズのお世話になっているのですが、今は月に1万円を目標にしています。時給500円として、1日1時間、月20日でちょうど1万円。年間で12万円ですね。

このお金、何に使おうとしているかというと、一時帰国時のプチ贅沢費用です。

普段泊まれないようなホテルに(1泊だけ)泊まってみたりとか、せっかくの帰国なので美味しいものを食べにいったりとか、エステもいいかな・・・なんてことを妄想しながら、自分のブログをほったらかして記事を書いたりしています笑

で、余ったら貯金と。

あと、注意事項ですが、クラウドソーシング会社の中には海外在住者の登録ができないところがありますので要注意。

上記のランサーズなら、そこも問題なしです。

あと、あまり収入が発生すると税金の問題が出てきます。国内の口座に報酬が振り込まれるので、日本の税制に従って申告要。

雑所得ですので、所得が38万円を超えたら確定申告しないといけません。ご注意を!

まとめ

・海外で駐妻がバイトするのはハードル高し。
・クラウドソーシングを遣えば、時間と場所に縛られずに仕事ができる。
・自分のスキルに応じて、単価の高い仕事を選ぼう。
・使い道を考えるとモチベーションアップ!
ランキング参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告