海外赴任中の駐妻はロックダウンをどう乗り切る?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

コロナウイルスによるロックダウンを駐妻はどう過ごす?


2019年の年末あたりからあっという間に世界中に広がったコロナウイルス。

我々駐妻にとっても、まったく予想だにしなかったことになってしまいました。

世界中のいたるところで、ロックダウンによる影響を受けている駐妻の皆様、まずはお見舞い申し上げます。

たとえロックダウン中であっても、日常生活は続きます。

むしろ今までより時間ができたりすることもありますよね。

今回はただロックダウンを漫然とやり過ごすのではなく、少しでも有意義な時間にするための方法を、私自身の経験も踏まえいくつかご紹介していけたらと思います。

スポンサーリンク




駐妻のロックダウンの過ごし方(1):ネットと読書

ロックダウン中は読書
ロックダウンで外出できなくなった後、家でどう過ごされていますでしょうか?

たぶん、YoutubeとかNetflixを見まくっている!っていう人が多いですよね。

私もかなりタブレットやTVでYoutubeのお世話になる時間が増えました。

ただ、ボーっと見ているとホントに数時間あっという間に経ってしまうのと、子どもも同じように画面ばっかり見ているのがちょっと気になるのも事実。

なので、あえて読書の時間を取るようにも気をつけています。

といっても、本も買いにいけないのでもっぱらKindleを活用しています。

まあ、読書といっても、今年は子どもの受験なので読んでいるのはもっぱら受験マンガだったりするわけですが・・・笑

特に「二月の勝者」っていうマンガはおススメです。

中学受験のリアルな姿が分かっていいですよ。1巻の冒頭のセリフからシビレます。

「君たちが合格した原因は父親の経済力と、母親の狂気

ですってΣ(゚Д゚)


たしかに・・・。

駐妻のロックダウンの過ごし方(2):子どもの勉強をフォロー

ロックダウンで学校へ行けない
これはきっと世界中の駐妻の皆さんの一番の悩みの種ではないでしょうか??

ロックダウン以降、学校も塾もみんなお休みになってしまいました。

当然子どもは毎日家にいるのですが、まあ勉強なんてするわけないですよね・・・。

うちは学校からオンラインで課題は多少くるものの、先生も忙しかったり、慣れていないのかクオリティはいつもと比べるとどうしても見劣りしてしまうのはやむをえないところです。

(もちろん、先生も最大限努力いただいているのは理解しています!)

特に受験を控えた学年ともなると、頼みの綱は塾です。

一部の塾はオンラインに移行しているようですね。

ロンドンだとJOBAなんかはそうなっています。

参考 JOBAのサイト

JOBAに限らずですが、オンライン授業はすでに申し込みが増えていて、場合によっては希望したクラスに入れない・・なんてこともあります。

また、科目によっては講座が開設されてなかったり、レベルが合わないこともありえますよね。

そういうときのためにはリクルートのスタディサプリをおススメしたいと思います。

何より安いのがいいですね。

実は最近値段が上がってしまったのですが、それでも月1,980円です。

一括払いすれば今は月980円まで安くなるので、とにかく何かやらせておかないと・・・と思っている私のような方にはぜひ一度見てみていただきたいなと。
サイト >>> スタディサプリのHPへ

駐妻のロックダウンの過ごし方(3):できるだけ運動!

ロックダウン中も最低限の運動はしたい
最後にこれも大事。

日本でも言われているみたいですが、ロックダウンが長くなってくると気になりませんか、「コロナ太り」・・・。



私もご多分に漏れず・・・なので笑、家でYoutubeを見ながらヨガをやっています。

ちなみにおススメはこちらの動画。

けっこうキツイですよ~



ちなみに、もし家でこれをやるなら、ヨガマットだけはあったほうがいいです。

割と足が滑ったりしますし、あと。寝たり起きたりの運動ではそのままだと背中が痛いことも。

私は厚め(なのかな?)のやつを使っております。
ちなみにですが、強いておうちヨガの難点を挙げるとすると、それはとにかく

「意志が弱いと続かない」

ということでしょうか。

そういう人のために、最近では完全オンラインのパーソナルトレーニングもあるようなので、だれかに定期的にマネージメントしてほしい!っていう人はこちらもご参考まで。

まとめ


コロナウイルスによる海外でのロックダウンは本当に気がめいりますね。

旅行にも行けなくなったり、せっかく海外にいるのに・・・と思うこともあります。

でも、これも得難い経験だと前向きにとらえて、心身ともに健康に過ごしたいですね。

ここに挙げたことが少しでもご参考になれば幸いです。

それでは皆様、Stay safe!!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事