ロンドンのココイチ1号店に行ってきましたので感想とレビュー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6




海外で駐妻を長くやっていると、一時帰国でもない限り日本の安くておいしい食べ物にはそうそうありつけません。

まあ、あるっちゃあるんですけど、多くはないかなと。

そんな我々の熱い想いを察知してか(?)、ロンドンにCoco壱番屋(以下、ココイチ)の海外第1号店がオープンしました。

そういえばプレスリリースも出ていましたね。
https://www.ichibanya.co.jp/comp/whatsnew/docs/4c14d1de4333a9f548b1251d053471f3ab9b5f23.pdf

オープンは2018年12月のことだったのですが、遅ればせながらやっと私もココイチのカレーにありつけたのでちょっと食レポしてみようと思います。

新人駐妻の皆様、あるいはロンドンに出張や旅行で来られる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ロンドンのココイチ、場所はどこ?

ココイチの1号店はロンドンの中でも一等地のLeicester Square(レスタースクエア)というところにあります。

Leicester Squareの駅から歩いて2分くらいなので、おそらく迷うこともないかと。

念のため、住所は以下のとおりです。
⇒ 17-18 Great Newport Street, London, WC2

※The Porcupineというパブのところを曲がってすぐです。
お店の場所はもともと「ABENO」というお好み焼き屋さんがあったところ。なので、もしABENOに行ったことがあればすんなり行けるはずです。


営業は11時から22時までやっていますので、昼でも夜でもOKですよ。

ただし、日本のココイチではなかなか想像しづらいのですが、こちらでは基本並ぶと考えておいたほうが無難です。

私はギリギリ回避できましたが、ランチやディナーの時間は行列覚悟で臨みましょう。



お店は写真の通り、日本よりも割とおしゃれな感じです。

ココイチロンドン店の中


場所が場所だけにそういう路線にしたんでしょうかね。

窓際のカウンター席が10席くらいと、4人がけのテーブル席が全部で5,6席ありました。

ただ残念ながら席の予約はできないみたいなのであしからずです。

ロンドンのココイチって、味やメニューは日本と違うの?

今でも「イギリス=ごはんがまずい」神話は健在なので、日本との味の違いが気になる人もいるかと思います。あとは変なローカライズもイヤですよね。

その辺もレポートしたいのですが、基本的にはまったく心配ご無用です!

・メニューはほぼ同じ。頼み方も一緒!

まず、メニューの中身は日本とほぼ同じでした。

ご飯の量やカレーの辛さが選べるところも一緒なのでうれしいですね。

ココイチロンドン店のメニュー
ただ、日本では300gが「標準」となっているご飯の量が、こちらではなぜか250gとなっています。

材料費が高いんでしょうかね。

けど250gでも十分おなかいっぱいになりました。歳かな・・。

写真だとちょっと見づらいかもですが、ご飯は少な目(200g)で50p引き、大盛り(350g)で+1ポンドだったかと思います。

日本のココイチ同様、辛さのオーダーもできますのでお好みで。

メニューには他にもサラダやお子様向けカレーなんかもあるので、家族で行ってもだいじょうぶです。(実際、日本人のご家族連れも来ていました)


・お値段はやっぱり日本のココイチよりは高い

一方、お値段はやはりロンドン価格。

チキンカツ&ベジタブルカレーがなんと£13.4(1ポンド145円換算で約1,940円)!

これ、家族4人とかで来たら、日本円換算で1万円コースなんですけど・・・。

日本のように、ちょっと気が向いたときに寄るといった使い方はできないのがつらいところ。

なので行くときは心して食べましょう笑


・一番大事な味はどうか?

続いて、気になるお味です。

ほかの日本人の方も言っていましたが、カレーそのものの味は日本とまったく同じクオリティと言っていいでしょう。

見た目もメニューと差はなし!

ロンドンのココイチのカレー


ところで、日本人には信じられないかと思いますが、ロンドンには「まずいカレー」という想像を絶するものを提供するレストラン(※)が存在します(経験者談)。

若干トラウマになっていたので、あまりこれまで外でカレーを積極的に食べてこなかったのですが、久しぶりにココイチのカレーを食べてなんかほっとしました。

この安心感が売りなんですよね。
※まずいカレーを食べさせてくれた素敵なレストランの名前をここで全世界に晒したい衝動をグッとこらえています笑


ココイチに話を戻すと、強いていえばカツは日本のほうがいいかなあ・・・っていう気はしました。

良くも悪くも、ロンドンのココイチのカツは日本のものよりクリスピーというか、衣が固い気がするんですよね。

私はそれも悪くないと思ったのですが、気になる人は気になるかもしれません。

イギリス国内で今後も増えるココイチ

プレスリリースによれば、ココイチはこれからイギリス国内でも10店舗くらいに増えていくそうです。

ブレクジットも何のその、という感じなのでしょうか?
この強気な姿勢が大好きです笑

イギリスだけでなく、ヨーロッパの他の国々にも展開していく予定とのことで、大陸にいらっしゃる駐妻のみなさんにもあの味が楽しめる日が来るのも遠くなさそう。

とはいえ、ロンドンでのオープンにはなんやかんやで2年くらいかかっていたので、そこはご了承ください笑

まとめ

・ロンドンのココイチはほぼ日本のクオリティ。ちょっと高いけど満足!
・これからイギリス・ヨーロッパ他国にも続々出店予定なので楽しみ。
・吉野家も早く!笑

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする