駐妻だっておみくじを引きたい!無料のインターネットおみくじができる神社3選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6


海外赴任してしまうと、日本の文化とはどうしても縁遠くなります。

特に季節の行事などはそうですよね。

たとえばですが、お正月に神社に行くこともできません。

個人的には、毎年ひいていたおみくじがひけなくて、お正月は何か物足りないな・・・とずっと思っていました。

そこでふと思い立って調べたら、あるんですね、インターネットでひけるおみくじ
しかもすべて無料です。

中には参拝も疑似体験(?)できるサイトもありましたので、私と同じように正月の物足りなさを感じている駐妻のみなさんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

愛宕神社

・URL:http://www.atago-jinja.com/lot/
・引き直し:あり
・おみくじの項目:11項目
・Web参拝:あり
まずはこちら。東京の港区にある愛宕(あたご)神社です。

おみくじは至ってシンプルで、「おみくじを引く」と書いてあるところをぽちっとやるだけ。

「心を鎮めてボタンをクリックしてください」と書いてあるところがいかにも神社っぽくていいですね笑

中身もザ・日本のおみくじでして(当たり前か)、願い事・待ち人・なくし物・旅行・ビジネス・学問・争いごと・恋愛・縁談・転居・病気という11項目についての一言が添えられています。

そうそう、これよこれ!って感じですよね。

なお、Webによる参拝ができるページもありますのでこちらもご参考まで。
参考 http://www.atago-jinja.com/virtual/

行ったつもりになって、画面の前で柏手を打ちましょう。

ちなみに、愛宕神社のある愛宕山は東京23区内で一番高い山なんですって。

といっても標高は25.7メートルらしいですが。

あと、神社の前の石段は別名「出世の石段」と言われているんだそうです。へー。

桜神宮

・URL:http://www.sakura.jingu.net/index.html
・引き直し:なし
・おみくじの項目:10項目
・Web参拝:あり
こちらも東京は世田谷、桜新町にある神社です。

おみくじは上のページから、自分の生まれ月を選ぶと表示されます。

ちなみに、こちらは引き直しはなし。

二回目も同じ結果になりますよ(経験者談)。

項目は愛宕神社とほぼ同じ10項目。

病気・縁談/恋愛・待人・訴訟・失物・売買・建築/移転・旅行・金運・受験というラインナップです。

こちらの桜神宮もWebによる参拝ができます。
その名も「インターネット遥拝」。

余談ですが、HPで英語と中国語のパンフレットを置いています、と言いつつ、なぜかその上にフランス語が。謎。

眼力社(伏見稲荷大社)

・URL:http://www.ganrikisya.com/lottery.html
・引き直し:なし
・おみくじの項目:4項目
・Web参拝:なし
最後は京都から。

有名な伏見稲荷大社のある稲荷山にお祀りされている「眼力社」というお社です。

その名のとおり、「眼がよくなる」「先見の明・眼力が授かる」というご利益があるんだとか。

おみくじの方は他の2つと比べるとシンプルですが、最初に数行、今年の運勢をまとめたお言葉が書いてあります。

項目は恋愛運・仕事運・健康運・金運という王道の4つですね。

なお、「『所詮ネットのおみくじ』と軽い気持ちでOKです」と言いつつ、

「質問に対する答えは一番最初に引いた答えが正しいと思ってください。何度引いても意味はありません」

というツンデレな感じがポイントです笑

インターネット参拝こそありませんが、HPには毎月の月参りの様子が写真で出ていて、やっぱり日本って美しい・・・と思えます。

一時帰国なんかで行ってみてもいいですよね。


参考記事

まとめ

・駐妻生活では、日本文化が恋しくなる時もある。
・そんなときはインターネットおみくじや参拝で日本情緒を!

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする