海外赴任に帯同する駐妻向けの英語準備レッスンができたそうなのでご紹介します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

前々から英語コンプレックスがあるせいか、本ブログにはときどき英語学習の話を書いています。

でも、大多数の駐妻はそれほど英語が得意ではないから悩んでいるのではないでしょうか?

それに、ある日突然、せいぜい海外旅行でちょこっと行ったくらいの国に何年か住めって言われるんですから、不安じゃないほうがおかしいですよね。

英語の勉強については赴任前から相当いろいろ準備しましたが、最近はまさに私と同じように急に帯同がきまった奥様向けに特化したサービスができたんだそうです。

今にして思えば、当時こんなのがあればよかったのに・・と思うので、これから帯同されるみなさまのご参考に紹介しますね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ありそうでなかった、海外赴任帯同の奥様向け専用英会話

大手の英会話スクールでは、TOEIC対策とかビジネス英語などといったメニューはどこにでもあるのですが、意外と「海外赴任する駐妻専用」レッスンはありません。

そんな、ありそうでなかったサービスを提供しているのが「英会話ビギン」というスクールです。

もともとは初心者特化のスクールということで展開しているので、あまり聞いたことがないかもですよね。

とはいえ、たとえばネットで「駐妻 英会話」と検索してもすぐには出てこない、知る人ぞ知るサービスなので知っておいて損はないでしょう。



サイト 【海外赴任に帯同する奥様向け英語準備レッスン】 https://kaigai-taido.com/

英会話ビギンの帯同準備レッスンのメリット、デメリット

それでは、私の目からみたこのサービスのメリデメをご紹介したいと思います。

メリット

(1)講師が全員日本人で話しやすい

初心者にとって最大のハードルは、実は「外国人と話すこと」そのものではないでしょうか。

まあ、赴任してしまえば否応なく話さざるをえないのでそのうち慣れるのですが笑、最初からあまりハードルを上げると余計イヤになっちゃいますよね。

英会話ビギンはその辺を配慮して、講師は全員日本人だそうです。

中にはご自身が海外での滞在経験を持つ方も多数いらっしゃるので、自分がこれから赴任する国に駐在したことのある先生を選ぶのがいいでしょう。

現地での生活のコツや住む場所のおすすめなども聞けて、かつその国特有の言い回しやらボキャブラリー、あるいはお店の固有名詞なんかも教えてくれるのできっと会話が弾むと思いますよ。

(2)レッスンに子どもの同伴もOK。場合により自宅にも来てもらえる

特に小さいお子さんをお持ちの奥様にはとってもありがたいポイントだと思います。

赴任前のバタバタの中、子どもを置いて家を空けるのはけっこう不安なものですし、そもそも移動時間ももったいないくらい忙しいもの。

そうした心配を解消できるのは精神的にも大きなメリットであることは経験上間違いないと思います。

当時、うちは下の子がまだ3歳だったので、まだまだ手がかかってしょうがなかったのですが、こういうサービスがあると安心してレッスンが受けられますね。
自宅でのレッスンは条件によりできないケースがあります。また、講師の移動手数料がレッスン料に加算されるので念のため。
なお余談ですが、実は英会話ビギンでは帯同する子ども向けのレッスンも別途用意されています。

なので、子どもを自分のレッスンに連れて行って、もし興味がありそうならお子さんもレッスンを受けさせると赴任後の滑り出しがうまくいくかなと思います。


(3)レッスン期間を自由に設定でき、支払いも1回ごと

ひとくちに帯同といっても、それが2か月後なのか1年後なのかで準備のしかたはまったく変わってきます。

英会話スクールでは期間ごとのプログラム構成になっているところも多いため、出発までの残り時間によってはうまくスケジュールがはまらないこともありえます。

その点、英会話ビギンでは1回ごとの料金設定になっているのでムダな出費がありません。

しかも1回(60分)で2,500円なのでかなり良心的なお値段です。
※別途、月会費が1,980円発生します。

デメリット

(1)サービス地域が限られている

残念ながら、英会話ビギンは東京・横浜・神奈川・千葉・埼玉にサービス地域が限定されています。

そのため、それ以外の地域に住んでいる奥様には利用ができないのです・・・。

こればっかりはマンパワーの問題なのでどうしようもないですね。

他の地域にお住まいの方は、オンライン英会話を使うか、大手の教室で信頼できるマネージャーにオーダーメイドの内容を相談してみましょう。

※ちなみに私はGABAというところに通いましたが、ここのマネージャーさんはとっても優秀でしたよ。

>>>GABAのHPへ

(2)教室がない

これはデメリットというより好き嫌いとか慣れの問題かもしれません。

基本、外のカフェでのレッスンとなりますが外で英語をしゃべるのが恥ずかしい・・・という人も一定数いますね。

でも、実際カフェで英会話レッスンをやっている人の姿をよく見かけますよね。

それに、そういう人をみて「あの人の英語下手だなあ」なんて思ったことありますか?

むしろ「ちゃんと勉強してて偉いなあ・・」って思うんじゃないでしょうか?

もちろん、ムリしてまで外でレッスンをする必要はないので、その場合はスタッフの方に相談してみましょう。

先ほどもふれたとおり、自分の家や講師の自宅でレッスンを行えることもあるので。

サイト 【海外赴任に帯同する奥様向け英語準備レッスン】 https://kaigai-taido.com/


まとめ

・赴任前の駐妻向けに特化した英会話レッスンはありそうでない。
・英会話ビギンは、関東に住む駐妻候補生におススメ。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする