ロンドンで国際郵便を出すのが怖い駐妻が、一言も発することなく封筒や小包を出す方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4


皆さんこんにちは。相変わらず英語が上達しない駐妻です笑



英語ができないせいですけど、例えば郵便局で日本宛の郵便を出すのって、緊張しません?

何かややっこしいこと訊かれたらどうしょうとか、間違って高いお金払わされたらいやだとか、ちゃんとつかなかったら困るとか。。。

この間も、必要に迫られて窓口で郵便を出そうとしたら、案の定大ハマリしました。

「関税(←たぶん)がなんちゃらかんちゃら~」とか、

「中身(←たぶん)がなんちゃらかんちゃら~」と言われて、



・・・( ゚Д゚)

「また来ます」(日本語)

って言って帰ってきたという・・・。



今回はそんな私の失敗を踏まえ、同じような不安を抱えている(新人)駐妻さんむけに、

「郵便局員と一言も話さず日本への郵便を送る方法(ロンドンVer)」をご紹介です!


スポンサーリンク
レクタングル大広告

国際郵便の基本



一昔前ならどうにか話すしかなかったのでしょうが、今はネットで何でもできるので大助かりですね。私は帰ってから一生懸命調べましたよ。

実は、ロンドンの郵便局はそれでなくてもめちゃ混みなので、混雑緩和のため郵便局がネットで切手を売ってたのです!

なので、ここで手続きをしてお支払いを済ませれば、あとはポストに放り込むだけ。

先に言ってよー。



日本へ郵便物を送りたいときに利用する最も一般的な送り方が

International Standardです。

通常7日前後で到着します。

これよりちょっと安い、International Economyもあるのですが、値段は大して変わらない割に、着くのが遅いのであまりおすすめしません。

その他、確実に到着を確認したいという方には


  • International Signed
  • International Tracked
  • International Tracked & Signed


という他の3つの送り方もあります。

最初のSignedは、イギリスを出るまでの追跡サービスと、受取人の署名による受け渡し。

いわゆる書留ですね。

次のTrackedは、最大5経由地点の追跡と、オンラインでの配達確認。

最後のTracked & Signedは上の2つのサービスを兼ね備えたものです。



ありがたいことに、International Trackedを除く3つについてはオンラインで切手が買えて、あとはそれを貼ってポストに投函するだけでよいのです!


国際郵便用の切手の買い方は?

では実際の画面を見ながら、切手の買い方をみていきましょう。

まず、Royal Mailの以下のHPにアクセスします。

サイト https://www.royalmail.com/personal/international-delivery/international-standard

すると、以下の画面になりますので、一番下の”How to Buy”から入っていきます。


次の画面では6つのステップで必要な情報を入力していきます。

Step1: Enter Delivery Details

⇒当然、国はJapanを選びます。あと大事なのが重量。普通の手紙ならだいたい100g程度でしょう。ちゃんと量っておきましょうね。

Step 2: Choose a size

⇒封筒か小包かを選びます。封筒(Large Letter)なら35.3cm x 25cm x 2.5cmまで、重さは750gまでです。小包は縦、横、高さの3辺の合計が90cmまで、かつ1辺は最大60cmまで。重さは2kgまでです。

Step 3: Choose a service

⇒ International Standardを選びます。(Trackがよければそちらで。)

Step 4: Add recipient details

⇒受取人住所を記入します。アスタリスクのついているところが必須。

下から3番目のAddress Cityとなっているところは都道府県を書いておくといいです。
郵便番号も記入しておきましょう。

Step 5: Add sender details

⇒自分の住所をいれます。Post Codeを入れるとほとんど自動で入るのでラクです。

Step 6: Summary & Confirmation

⇒ここまでくると下の画像のようになります。

内容を確認して、右下のConfirm & proceed to payment をクリックします。






すると、次はお支払いの画面に移ります。Paypalのアカウントをお持ちの方はメールアドレスとパスワードを入れましょう。

Paypalがなくても、下のPay with Debit or Credit Cardをクリックすればカードでお支払い可能なのでご安心を。




そうすると今度はカード情報を入れる画面に飛びますので、いつも通販などでものを買うとき同様にカード情報などを入れればOK。



お支払いが終わると以下の画面になります。




ここで、まずラベル(切手ですね)を印刷します。画面の右上の赤丸のところですね。

他にも印刷するものが2つあります。

1つは投函証明書(Certificate of posting)。これは「わたし、ちゃんとこの手紙あなたのところで出しましたから!」と証明するためのものです。ただしこれは窓口でサイン&スタンプしてもらう必要あり。ちなみにこれは任意です。

もう1つのCN22 or CN23という書類のほうが大事です。
EU外にものを送るときには必須で、送ったものの中身や重さ、価格などを記入するものです。

CN22を使うか23を使うかは送るものの価格によって変わり、£270を超えるものの場合は23を使います。

手紙や書類を送るのであればそこまで問題にはならないでしょう。

送りたい封筒や小包にラベルとCN22もしくは23を貼れば、あとはポストに投函するだけ。

大きいものなら何もいわず窓口に差し出せば完了です。


最後にひとつだけ注意事項。このラベルには使用期限があります!通常、作成日の翌日なので気を付けてください!!



まとめ

・英国から日本に郵便を送りたければ、ネットで支払いまで完結できる。
・ラベル(切手)の他、味や価格などを申告する書類も一緒に貼り付け要。
・ネットで申し込んだ場合は、翌日中に投函しないといけないので注意。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする