ロンドン在住者必見!駐妻がわずか10分で光熱費を年間約540ポンド節約した話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4


みなさんこんにちは。

ロンドンは物価も高いのですが、それと同じくらい光熱費も高いですよね。

せっかく海外駐在できたのに、お金が貯まらない!と嘆いている方も多いのではないでしょうか。

私も日々節約に取り組んでいたのですが、uSwitchという比較サイトを使ったら光熱費を年間約540ポンドも削減できました!

しかも、それに使った時間はほんの10分くらいです。

まだ固定費削減に手をつけていない人や、uSwitchを知ってはいたけど、ホントに効果あるの?と思っていた人のために、私自身の体験を交えてご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ロンドン生活の光熱費、なんでこんなに高いの?

私はフラットに住んでいるのですが、ガスは使ってなくて、オール電化になっています。
なので、光熱費=電気代みたいな感じなのですが、日本にいたときからすると信じられないくらい高いんです。

具体的にいうと、電気代が毎月固定で183ポンドかかっていました。

日本円換算で28,000円もかかっているんです!

日本なら電気・ガスに水道代をいれてもこんなにかかってなかったはず。

さすがにここまで高いと家計を圧迫するので何とかならないかな、と思っていた矢先、駅で広告を見たのがuSwitchでした。

uSwitchは駐妻でもカンタンに電気代削減できる

このuSwitchですが、日本でいう比較サイトです。

電気・ガスといった光熱費のほか、ブロードバンドや携帯電話(SIM)の比較もできます。

使い方もほとんど日本の比較サイトの感覚で直感的に使えますよ。

uSwitchの使い方(比較から申し込みまで)

最初は個人情報を入れずに比較だけできます。で、よさそうなものがあったら正式な申し込みに進めるので安心ですね。



最初に、自分の住んでいるところの郵便番号(ポストコード)を入力します。


メールアドレスは任意ですが、どうせあとで使うのでこのタイミングで入れてしまって大丈夫ですよ。

入力したら下の”Compare energy deals now”をクリックします。



で次に、今使っている電力会社と、毎月払っている電気代などを入れます。


詳しくわからなくても大丈夫ですが、手元に今の電力会社からの請求書があるとスムーズに入力できます。
参考 この画面の下のほうで、「Economy 7 meterを使っているか?」という質問が出てきます。何のこと?と思われるかもしれませんが、請求書に書いてある”Meter Point Access Number (MPAN)”が「02」で始まっていればYesと回答すればOKです。


そうすると、他の電力会社との一括比較画面に行きます。それが下の写真。


こんな感じで、今よりもオトクなプランがだーっと並びます。

水色の数字が、今と比べた場合の値下がり幅です。

年間でこんなに安くなるんだ・・・とある意味ショックでした笑



一番安いのはなんとなく不安があったので、この画面の少し下にあった、レビューの評価が一番高いプランにしました。

すると、毎月44.7ポンド(1ポンド150円換算で6,700円)程度も安くなったんです。

年間だと536ポンドですから、日本円だとなんと8万円強の節約!

しかも、風力発電などの地球に優しい電気をつかっているので、なんだかいいことをしたような気分にもなりましたよ!



最後に、切り替えたいプランを決めたらボタンをクリックします。

先ほどの画面の右側、赤いボタンの”Choose plan”というところですね。



そうすると、申し込み画面に進みますので、指示に従って必要な情報を入れます。

完了すると以下のような画面になりますので、一旦はこれでOK。




すぐにuSwitchから以下のような確認のメールが入っているはずです。

uSwitchは電力会社の変更も手間いらず!

イギリスで電力会社を変更するというと、いちいち前の会社に電話したりしないといけないのではないか、と不安に思う人が多いのではないでしょうか。

uSwitchではそういうわずらわしさもまったくありません。電力会社の引継ぎもやってくれるプランがあるので、それを選んでしまえば楽チンです。

uSwitchで電力会社の切り替え依頼をしたら、その後にやることは新しい電力会社からのメールを確認して、指示に従うだけ。

といっても、切り替え日の確認とか、引き落とし口座の設定とかをWeb上でやるくらいなので、ものの3分で終わります。

しかも、一言も英語を話す必要ありません!



あと、切り替えの直前になると、前の会社から連絡がくる場合があります。

ですが、「ホントに切り替えるんですよね?」という確認だけなので、これについても基本的に何かこちらからアクションを起こす必要はなし。

ひとつだけ気をつけるとすれば、電気代の引き落としが前の会社新しい会社で二重になっていないかチェックすることくらいです。
(万一、前の会社から引き落とされていたら、HP経由で連絡しましょう)

切り替え日前後にやること

いよいよ電力会社の切り替え日が近づいてきたら、最後に切り替え日時点のメーターの数字を新しい電力会社に通知する必要があります。

といっても、多少ずれても大丈夫。

通知日時点の数字を電力会社のHPから入力して送ればOKです。

※メーターにはふつう、昼間の電力消費量と夜間の電力消費量があります。



あとは古い電力会社との最終の支払いが済めば、新しい電力会社から安くなった電気代の通知がくるのを待つだけ。
最後の1か月は新旧両方の電力会社への支払いが発生する可能性がありますので注意しましょう!また、古いほうの電力会社への最終の支払いが終わったら、念のため口座引き落としをキャンセルしておくといいです。
これで、翌月からは電気代がぐっと安くなります!

まとめ

・ロンドンの光熱費は日本よりずっと高い!お金が貯まらない原因の一つ。
・光熱費削減はuSwitchを使うと、ものの10分でカンタンにできる。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする