海外赴任に持っていって全く役に立たなかったものランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

3dman_eu / Pixabay



慣れない赴任準備ともなると、どうしてもあれやこれやといろんなものを持っていきたがってしまうものです。

当然、赴任する国や季節、家族構成などによって必要なものは変わってきますので、これだけ持っていけば大丈夫!というのは言いづらいです。

そこで今回は、逆に「これは持っていっても意味なかったなあ・・・」というものをご紹介したいと思います。

英国バージョン、かつ独断と偏見に基づいてはいるものの、大はずれはしていないと思いますので参考にしてみてください。

せっかくですので、海外赴任にいらないものをランキング形式で!

早速参りましょうか。

では、まず第3位!
・パーティー用の服
・・・誰ですか、「海外はパーティーとかお呼ばれが多いから、ちょっとしたドレスみたいな洋服持っていったほうがいいよ!」なんて言った人は(怒)。

映画でよく見るような、招待状が来て夫婦でイブニングドレス着て・・・、なんていうのは一回もありませんでした!!

もっと言うと、この手の衣装、実は海外に来るといくらでもレンタルできるんです。

うちの旦那が会社のイベントで一回だけBlack Tieで、っていうのがありましたが、レンタルで済ませてました。

買おうと思えば買えますし、下手するとM&S(※)なんかでも売ってるくらいです。
Marks and Spencerという英国の総合スーパーです。日本でいうとダイエー?とかイトーヨーカドーをちょっとばかりオシャレにしたような感じ。

続いて、第2位!
・洗濯ばさみ(物干しざおに吊り下げるやつ)
英国に赴任される方はぜひ知っておいていただきたいのですが、基本、洗濯物は外に干してはいけないことになっています。

ですので、日本の感覚でベランダに洗濯物をだーっと並べる、という光景はありません。

乾燥機がある家も多いですし、部屋干し用のやつが備えつけである場合がほとんどなので、まず日本から持っていく必要はありません。



そして、栄えある第1位は・・・
・自転車
です!!

特に小さいお子さんをお持ちの皆様にお伝えしたいのですが、日本のように子どもを後ろ(お二人だと前にも)乗せて幼稚園まで爆走、という習慣は一切英国にはございません。

少なくとも私は見たことないです。

むしろ危ないのでやらないほうがいいです(;・∀・)。

こちらは日本と違って道路の舗装があまりよくないところも多いですし、雨が降ると結構滑ります。

車の運転手はもしかすると日本より親切な感じはしますが、正直なところそれと交通ルールの遵守度合いはまた別です。

自転車の盗難も多いらしく、そもそも自転車に乗っている人を日本ほどは見かけません。
(乗っていても、”Santander”(※)とか書いたレンタサイクルだったりします)

悪質なことに、サドルだけ盗む不貞な輩もいるみたいで、時折サドルのない自転車が打ち捨てられています・・・。

※こちらでそこそこ有名な銀行です。日本でいうとりそな銀行みたいな感じ?

3つだけだとちょっとさびしいので、番外編。

あと、要らなかったものと言ったらこんなところもありました。

・ランドセル

事前に確認しとけよ、って話なのですが、日本人学校では使わなくてもOKでした・・・。
※使ってもOKなんですよ。念のため。
うちは日本の学校の校章が入っており他に使い道もなく、あえなく押入れ行きとなりました。
※追記:日本人学校ではわりとランドセルで通われているお子さんは多いです。
ランドセルカバーでも買っておけばよかったかもしれません。
あとうちの子はすでに高学年でしたので、本人の希望もありランドセルは使わなかった次第。

・乾電池

英国だとサイズが合わないかも、という噂がありました。噂でした(-_-)。以上。
(日本の電池と持続時間も変わらない気がします)

※他の国だとありえる話ですので、そこは要注意。(調べてなくてすみません)

今回はまとめるほどの話でもないので、以上です!

いつもお読みいただきありがとうございます!

ランキング参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告