海外赴任前の断捨離:忙しくても車を高く売却するためのコツ教えます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


皆さんこんにちは。
海外赴任に伴う引越しはまさに断捨離の世界で、手放すものは思い切って手放さないとダメ。

その中でも特に問題になるのが

自動車

です。

保管する場所があったり、乗ってくれる人がいれば別ですが、通常は手放すことを考えるのではと思います。ですが、

・もしかしたら出国ギリギリまで必要になるんじゃないか?
・そもそも高く売れるのか?
・旦那が先に出国しちゃうんだけどどうすればいいの?
といったことで悩まれているのではないでしょうか?

私も急に海外赴任が決まったため、けっこうアタフタしました。

何せ、今まで車を手放したことがなかったもので・・・。特に時間もない中でしたので、どうしようか困った記憶があります。

ただ、ポイントさえ押さえておけば、車の売却は作業レベルまで落とし込めますし、余裕をもって対応できるので高く売れちゃうかもしれません。

そこで今回は、

「海外赴任前に、車を売却するときのコツ」をお伝えしたいと思います。


赴任ギリギリまで車を手元に置く必要はあまりない

まず、経験としてお伝えしたいのは

「出発当日まで自分の車に乗るというケースはほとんどない」

ということ。

出発前日にはホテルに泊まったりするケースが多いと思いますが、通常それであれば送迎してくれたり、最悪タクシーを頼んだりできます。

逆に、最終日にまでヒーヒー言いながら自分で車を運転して、下手すりゃ子どももつれて空港まで行きたいですか?

段ボール箱とかとんでもない数ですよ・・・?

なので、そこは割り切ってお金で解決しまったほうがいいです。
別の記事でもお伝えしていますが、海外赴任の場合旦那さんに手当が出るケースが多いので、そこから少し予算を確保しておけばいいでしょう。


旦那さんが先に出国してしまっても大丈夫

私はほとんど同じタイミングでの赴任でしたのでこの心配はありませんでしたが、よく聞くのが「旦那が先に赴任するので、書類手続きが非常に面倒になる」ということ。

たしかに書類は増えるので注意が必要です。

ただ、だからといってよくある「海外赴任専門の中古車業者」に駆け込むこともないですよ。

実際のところ、旦那が先に海外赴任してしまったときに追加で必要になる書類といっても、

・サイン証明(印鑑証明書の代わりになる)
・委任状
・住民票の除票

くらいなもんです。

たったこれだけのために、他から見積もりすらとらないのはもったいなさすぎ。
それに、今時ある程度しっかりした中古車会社なら、海外赴任する人の車の売却を取り扱ったことがないほうが少ないです。

ちなみに、通常自動車を売るときには以下のような書類が必要なので、併せてご参考まで。
・車検証
・自賠責証明証
・印鑑証明証(発行から3か月以内のもの)
・自動車税の納税証明書
・リサイクル券
あと、保険関係もお忘れなく。

特に大事なのが
・無事故証明書
・中断証明書
の2つです。

無事故証明書は海外で自動車保険に入るときに、割引をきかせるための資料として使います。

中断証明書のほうは、日本に帰ってきたときにもともとの自動車保険の割引を復活させるのに必要なもの。海外の場合、有効期間は10年です。


どうせなら、車は高く売りたいですよね

さて、売ると決めたら、できるだけ高く売りたくなるのが人情。

私は旦那から、高く売れたら成功報酬でその分何かに使っていいよ、という話がありました笑

そりゃ気合も入るわけです。

まずは相場を知りたかったのと、ポイントもつくということで私は楽天オートを使って一括見積をとりました。
その中から2,3社に絞り込んで車を見てもらい、手続きが終わったのが赴任のだいたい3週間くらい前。

期間でいうと、売れるまでに足掛け1か月ってところでしょうか。

やっぱり比べてみるもんですね。

「値段がつかない」なんてしれっと言ってくるところもありましたが、終わってみればきちんと成功報酬をゲットできました!

海外赴任に伴う車売却のアクションは早いもの勝ち!

あとで買い取り業者さんから聞いた話ですが、3月のような人の動く時期は買取希望が殺到するんだそうです。

なので、あとになればなるほど選ぶ側の買い取り業者さんがどうしても有利になり、売る側は(言葉悪いですが)足元を見られてしまうそう。

ちょっと年数のいっている車だと、最悪の場合あとになって「買い取りできません」なんていうケースもあるそうで、そうなると急に廃車しなくなったりして余計忙しくなります。

私はタッチの差で2月にスタートダッシュを決めることができたので、その分ちょこっとお値段がついてよかったみたいです。

ですので、もし皆さんすでに赴任の事例が出ているのであれば、今すぐ見積もり依頼だけしておいたほうがいいですよ!

ファーストアクションさえ起こしておけば、そこからのスケジュール調整は多少融通が利きますので。

先ほどもちらっと触れましたが、私が使ったのはここです。
楽天の愛車一括査定!もれなく楽天スーパーポイントプレゼント!

一括見積してみて、さらに海外買取専門のところにもあたるという手もありですね。
手続きも教えてもらえるし、最終的にそれで買取価格があがったらしめたもんです笑


まとめ

・最後の1日まで自分の車にこだわる必要はない。 
・書類もそれほど手間は増えないが、保険など周辺の手続きも忘れずに!
・車を売ると決めたら即行動!時間があるうちに一括見積もやっておく!
・成功報酬にするとモチベーションアップ(笑)
ランキング参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告